NEWS

郵便法改正に伴うサービスの見直し2021年05月20日

コミュニケーションツールとして思い浮かべる物は何でしょう?
Eメールやチャット、Zoomでしょうか。
「郵便」と答える人は少ないですよね。
このような社会の変化を反映してか、普通郵便や速達料金などの取扱いが10月から変わります。

1、土曜日の配達中止
2021年10月2日(土)から、普通扱いとする郵便物およびゆうメールの土曜日配達が休止されます。

2、お届け日数の繰り下げ
2021年10月から、普通扱いとする郵便物およびゆうメールのお届け日数を、1日程度段階的に繰り下げます。

3、変更しないサービス
ゆうパック、ゆうパケット、クリックポスト、レターパックプラス、レターパックライト、速達、レタックス、書留、簡易書留などにつきましては、引き続き、土曜日、日曜日および休日も配達し、お届け日数に変更はありません。

4、特殊取扱料金の変更
郵便の速達料金を1割程度引き下げます。

詳しくは、日本郵便株式会社のホームページをご参照いただければと思いますが、翌日配達の地域については、まず金曜受けの配達が土曜から翌週月曜に、日曜受けの配達が月曜から火曜に変更するところから始まるようです。

これからは特に急ぎたい場合は速達を使うことが求められそうです。

今から把握しておき、実施の際に慌てないようにしたいものです。

T.N

20210513_郵便