NEWS

歳月を意味する言葉2019年11月06日

先日、漢字検定の受検がありました(十一房印刷では準2級以上の取得を推奨しております)。

その勉強のなかで、類義語の問題を解いてると「光陰」が出てきました。
「光」は日、「陰」は月を意味し、「光陰」とは月日や歳月、時間を表します。
「光陰矢の如し」は月日が経つのがとても早いことを意味しますが、では、光陰の類義語とはなんでしょう?

正解は「星霜」です。
星は1年に天を1周し、霜は毎年降るところから、年月、歳月を表します。「幾星霜」は苦労を経たうえでの長い年月を意味します。
その他にも歳月を意味する言葉として、風霜、春秋、烏兎(うと)などがあります。
烏兎は、太陽の中に烏、月の中に兎がいるという中国の伝説から、太陽と月、もしくは年月、歳月の意味を持ちます。

歳月を意味する言葉として、自然や動物が使われることに風流を感じます。
今の時期にあてはまるのは
「露往霜来(ろおう そうらい、秋露の季節から霜の季節へ時の流れが早いこと)」
でしょうか。
年末まで「光陰矢の如し」とならないよう、気を引き締めて仕事にあたりたいものです。

K.S

bb170784a284ecf501c014280a5b9926_s