NEWS

「タトウ」の語源2018年10月09日

ポケットフォルダーのことを「タトウ」と呼ぶことがあります。
「タトウ」の語は、封筒よりも多く筒の部分があるので「多筒」の読みからきている など諸説ありますが、着物や結髪の道具などを包む「畳紙(たたみがみ/たとうがみ/たとうし)」が語源であるというのが主流です。
「畳紙」という言葉は呉服屋さんでは現在でもよく使われています。

ちなみに箱を展開した形が折り紙の「やっこ」に似ている「やっこ型」のダンボールのことを、「タトウ式ダンボール」と呼びます。

会社案内などを作成する場合、この「タトウ」形式にすれば、見栄えも良いですし、複数のパンフレットや書類をひとまとめにして、ポケット部に収納できます。
また、改訂が入った場合、その印刷物だけを差替えれば良いというコストメリットもあります。

tatou_danboard

タトウ式段ボール(組み立て後)

tatou_book

冊子加工も可能です

S.O