NEWS

校正の精度を上げるコツ2018年09月07日

印刷用データの作成業務において、絶対に欠かせない作業のひとつ「校正」についてご紹介いたします。
ここで言う「校正」とは、作成データと原稿を照合し、誤字脱字やレイアウト不備などのミスを発見する作業を指します。

「校正」がなぜ重要なのかというと…
例えば商品紹介のパンフレットを作るとき、金額の桁をひとつ落としてしまったら。
たった1文字の誤りですが、お客様にとっては致命的な損害となる危険があります。
パソコンを使用する作業のため、入力時の誤字脱字や、誤変換による同音異義語の間違いなど、パッと見ただけでは気付けないミスが起こりがちです。

校正の精度を上げるコツは「1文字ずつ」「声に出して」チェックすることです。
目視の流し読みでは、多少の誤字脱字は脳内で補完してしまいます。あえて意味のある文章としてとらえず文字ごとに照合することで、細かな誤植を見つけ出します。
とても根気のいる作業ですが、文書作成の際にはぜひ実践してみてください。

03_1536310989943

M.H